「お勧め銘柄」を信じて万馬券を狙うと財産をスッてしまうかも

投資をはじめようと、マネー番組を見たり、投資セミナーへ足を運んだりすれば専門家と称する方々が決算書を片手に「この銘柄の業績は、○○%上がる見込みです!」なんて言い方でお勧め銘柄について説明してきます。さっきの予想はタイミングを当てるやり方でしたが、こっちの予想は「1番業績が伸びるのは、これだ!」と業績の伸びを当てるやり方です。競馬にたとえれば「この万馬券を買いましょう!」と、言っているようなものなのです。

Wさんは、そんな「専門家の予想」が大好きで、毎週、テレビのマネー番組を欠かさず見ていて「お勧め銘柄」が紹介されると、「よし、この銘柄だっ!」と、証券会社に電話して1本釣りをはじめます。こうして買った銘柄には、上がったものも、下がったものもあります。現在、Wさんが持っているのは3銘柄だけですが、上がった銘柄に関しては「あの先生の予想は当たるなぁ」と感心して、2割儲かったところで売却し、下がった銘柄については、すぐに他の銘柄に買い換えてしまいます。

こうして1年間に持っている銘柄が5回くらい変わります。結局、儲かるときには、3ヶ月間で20%利益が出ますが、損をするときには、3ヶ月間で半値になるので、Wさんはトータルでは損をしているわけです。でも、自分が傷つきたくないから「いくらの損をしてきたか」なんて、絶対に確認しませんし、投資仲間との飲み会では、儲かったときの自慢話しかしないため、Wさん自身も儲けてばかりいると錯覚しています。

実は、こうした錯覚はテレビのマネー番組によって作り上げられた世界なのです。マネー番組では「専門家の予想が、数ヵ月後には、どうなったのか?」を決して放送しないからこそ放送が成り立っているのです。たとえば「3ヶ月前の予想は、大外れでしたね!」なんて、司会の人が切り出したら、専門家のいうことを誰も信じてくれなくなって、視聴率が下がった挙句、スポンサーから番組が打ち切られてしまいます。

それなのに、世の中にはWさんみたいな投資家が何百万人もいて、自分が損をしたことから目を背け、都合よく忘れているのです。そんな人が多いから、マネー番組やマネー雑誌に専門家の予想なんてものが掲載され続けているわけです。そんなものに引っかかるなんて、ちょっと笑っちゃいますよね!

当たりが分からないなら、いろいろ揃えるしか方法がない

アメリカには凄腕の証券マンが自分のお金を使って株式投資を競う「投資選手権」という大会があります。そんな凄腕が集まっているのに、ある年の結果は3500人の選手のうち、利益を出したのは全体の22%に過ぎなかったということです。証券会社の凄腕といえども、この程度に過ぎません。

同じように、マネー番組やマネー雑誌で「この銘柄がお勧めだ!」とやっている専門家と称する人たちの予想も、推してしかるべきというもので、要するに天気予報と同じだということなのです。誰だって明日の天気が気になるから毎晩、天気予報を見ますよね。でも、天気予報は当ることも多いが外れることも多い、と私たちは経験から分かっています。

天気予報では、翌日には予報が正しかったか否かが分かるので、いい加減さがはっきり頭に焼きついてしまいます。しかし投資予想では数ヶ月後にならないと、予想の結果が分かりません。つまり、いい加減さがはっきり頭に残らないのです。これが「投資の世界」のカラクリというものです。

こんなカラクリの中でWさんのように専門家を信じて、丁半博打をやっている投資家は山ほどいます。こんな丁半博打をやって「大学」や「老後」の資金を大損した挙句「専門家の○○さんを信じていたのに…」と恨めしそうに愚痴っている人もいるものですが、天気予報に全財産を賭けている場合じゃありませんよ。そして、仮に予想の1銘柄が当たって、数倍になった場合でも、安心してばかりはいないこと。

「大学」や「老後」の準備というのは、数十年間にも及ぶことになりますが、その会社が倒産すれば、長年の苦労が水になる可能性もあるからです。「この会社は、優良企業だから大丈夫!」という保証はどこにもありません。破綻することなど思いもしないような大企業が、いきなり倒産するケースは、枚挙に暇がありません。こんな具合に株式投資をはじめる場合には「推奨銘柄」が当たりになるとは限らないし、倒産する可能性だってあるわけなので、結局は、いろいろな銘柄を持っているしか方法がないのです。

学校では、親身になって指導してくれる先生の意見や、相談に乗ってくれる友達の意見は、とてもかけがえのないものであって「人を信じなさい」と教えられるものですが「投資の世界」では先生と呼ばれる人たちの予想は「あんまりあてにならない」と高を括っておいたほうが良さそうです。

「3万円」の積立投資には、株式投資信託を利用する

大学と老後の準備には株式と債券を使いますが、特に、毎月3万円とか5万円を投資する「積立投資」では、株式の投資信託を利用します。先述したように、たった1つの会社の株式に投資すれば、株式市場全体は値上がりしても、その銘柄だけが値下がりする可能性があります。また、最悪の場合には、その会社が倒産してしまう可能性もあります。

そこで、たくさんの株式を揃える必要があるわけですが、たとえば、自分の生活の中で利用している企業の株などを揃えるだけでも、3万円では足りなくなりますし、好きな銘柄はその他にもあるはずです。ここで、投資信託とは、ひと口1万円という小口にわけて、たくさんの投資家から資金を募り、まとまった資金でいろいろな株式や債券を買い揃えて、利益が出れば、口数に応じて分配するという仕組みの商品です。そのため、1万円で数百の株式銘柄を揃えることができるのです。

したがって、大学や老後の準備では、自分の気に入った銘柄が入っていて、過去のトータルリターンやシグマが株式市場の平均株価からあまり離れていない、株式の投資信託を1つだけ選んで、毎月、同じ金額を、同じ投資信託へ投資していきます。その際に1つだけ注意事項をあげるなら、自分で選んだ株式投資信託が、値下がりしようが、値上がりしようが、毎月、同じ金額で、同じ投資信託を買い続けるということです。たったこれだけのことに気をつければ、誰でも簡単に「積立投資」がはじめられます。

— posted by 郷田 at 01:55 pm  

投資スタンスは自分で作る!自分で考えて、判断していくスキルを磨く

人生で実現して行きたいことや家族の状況などは、それぞれでしょう。ライフプランは人によって違います。ということは、資産運用においても、その目標とするところが人によって違うということです。どのような目標にするか、どんなスタンスで運用するかは自分で決めて行かなければならないということです。資産運用のリスク許容度は自分にしか分かりません。

国や企業が面倒を見てくれた時代は、そこに人生を預けても何とかなったかもしれませんが、これからはライフプランにしろ、資産運用にせよ、自分で決断を下していかなければならないということです。それは大変なことかもしれませんが、別な見方をすれば自分らしく生きられるチャンスが広がっているということでしょう。

自分で考えてやるということ

資産運用の仕方も1つの正解があるわけではありません。色々な考え方があります。その中で自分に合う方法や有効な方法を作り上げて行くという発想があっていいと思います。

マネー誌の記者時代に成功している個人投資家を取材する企画があり、各地の個人投資家に話を聞く機会がありました。利益を上げる投資の方法を考えて自分で投資のソフトまで作ってしまった人やチャートを研究してバブル崩壊前に全ての株を売ってしまい、悠々自適に暮らしていた人、毎日几帳面に株価をノートにつけてその動きを見ていた人など、それぞれの方法で取り組んでいて、皆ユニークな人々でした。

その方たちに共通していたのは、自分で考えてやっていたということです。自分で方法論を編み出していました。皆さん、どこか飄々としていて楽しく生きていたところも共通していました。一方、投資で困っている人には人に勧められて購入したとか、証券会社の言う通りに売買してしまっているというように判断を他に委ねる特徴があります。

資産運用は判断の連続

これからの時代は自分で判断して行かなければならないことが益々多くなり、重要になって行くと思います。特に資産運用に関しては、そこが重要なポイントだと思います。「自己責任」とは、分かりやすく言えば、思わしくない結果になった時に「自分が判断したんだから仕方がない」と思えるかどうかということでしょう。

自分の判断が間違ったと思えれば、そこを修正して自分をバージョンアップして行けます。一方、「勧められて買ってしまったから」というなら自分ではどうしようもないということでしょう。資産を自分で運用して行くというのは判断の連続です。

例えば、株価が大きく下がった時に売るか、買うか、持ち続けるかの判断は自分がすべきです。何かの情報に接した時に、それに対してどう考えて行動するかを自分で考えて判断していくスキルも高めて行きたいものです。

— posted by 郷田 at 01:24 pm  

貯蓄がないなら、今すぐに対策を!まずは積立預金から

もし、貯蓄がなかったらどうするか? 答は1つ。「今すぐ貯蓄を始める」です。「家計の金融行動に関する世論調査」(金融広報中央委員会)をみると、貯蓄がない世帯は22.2%もあるようです。資料をみると、平成15年からほぼ横ばいの状況。五世帯に一世帯は、貯蓄がない時代になっています。年間の収入別に貯蓄のない世帯の割合をみると、収入がない、もしくは年収が低いほど貯蓄のない世帯の比率が高くなっています。これは貯蓄する余裕がないということです。ただ、1,000万円以上の高収入の世帯でも貯蓄のない世帯もあるわけです。貯蓄額は収入とも関係があるでしょうが、それだけでもないと言えそうです。

「ムリなくムラなく」がポイント

なかなか貯蓄ができないタイプの人は強制的に貯蓄するような仕組みを作るのがてっとリ早いと思います。「お金が余ったら貯蓄しよう」などと思っていたら永遠にできません。まずは給与天引きの財形貯蓄や給与振込みの口座から自動引き落としになる積立預金を利用するのがいいでしょう。先に貯蓄してしまって、残った分で生活するということです。「ただ貯めても金利が低いし、もっと増えるものを」などと思いがちですが、投資と貯蓄は違うものです。土台になる貯蓄ができてこその投資でしょう。基になるお金を確実に貯めていくことが先決です。

注意したいのは、最初からはりきっで、たくさん貯めようとしないこと。無理は続きません。途中で嫌になって止めてしまったり、その反動で無駄遣いに走ったりしてしまう可能性大です。無理なダイエットみたいなことになってしまってはいけません。ムリなくムラなく続けていくことがポイントです。すると、ある時、意外に貯まっていることに気付き、驚くことでしょう。それが積立のパワーです。

自分の性格に合ったやり方を

金融機関によっては、指定した日に一定額を積み立てるほか、随時に入金できるもの、ボーナス時に積立額を増額できるものなどがあります。また、引き落としの□座の残高が一定以上のときに、超過分を自動で積み立ててくれる「スイング」機能がある積立も。

自分の性格や状況に合ったやリ方だと長続きすると思います。積立商品の中には積立中でも引き出しできるものもありますが、ついつい引き出してしまって、お金が貯まらないのでは本末転倒。貯めようとするなら、なるべく、お金が引き出しにくく、解約しにくいようにしておくのが1つのコツです。積立預金なら自然と貯まっでいきますので、面倒がありません。貯蓄がない人はすぐにでも始めてください。

会社員なら便利でおトクな財形貯蓄制度を。給与天引き、税金面の優遇も

会社員の方で、会社に財形貯蓄制度があるなら、活用しない手はありません。「財形?そういえば、ずっと昔に聞いたことがあったなぁ・・・」という人もいるかもしれません。そういう方に財形貯蓄とは何かをおさらいします。財形貯蓄は、正式には「勤労者財産形成貯蓄」といって勤労者の計画的な財産づくりを国と事業主が支援する制度なんです。給与から天引きで貯蓄を行うもので、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3つがあります。

財形貯蓄の何かいいかというと、1つは給与天引きで貯蓄を行うことができるので、確実に貯めることができる。2つ目は財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄には税金面での優遇があること。3つ目は、財形貯蓄に加入していて、一定の条件を満たしている人は低利な住宅資金や教育資金の融資を受けることができるという点です。メリット大ですね。

定期的に預入することが要件

財形貯蓄には三種類ありますが、それぞれについてみていきましょう。

一般財形貯蓄

貯蓄の使い道に制限はなく、自由に使えます。1年経てば、いつでも好きなときに払い出せます。3年以上の期間にわたって、毎月の給与や賞与から定期的に預入することが要件です。

財形年金貯蓄

60歳以降に年金として受け取るための老後の資金づくりを目的とした貯蓄。住宅財形貯蓄と合わせて、貯蓄残高550万円まで利子などに税金がかかりません(保険商品の場合は、払い込み額385万円までが非課税)。ただし、年金以外での払い出しの場合は、課税扱いになります。財形年金貯蓄は、契約締結時に55歳未満の勤労者であること、1人1契約に限ること、5年以上の期間にわたり定期的に積立を行うこと、年金給付は60歳以降、契約所定の時期から5年以上にわたって定期的に受け取ることなどの要件があります。

財形住宅貯蓄

マイホームの新築、購入、リフォームなどの資金作りのための貯蓄。財形年金貯蓄と合わせて、貯蓄残高550万円まで利子などに税金がかかりません。ただし、住宅取得やリフォーム以外の払い出しに関しては課税扱いになります。住宅財形は契約締結時に55歳未満の勤労者であること、1人1契約に限ること、5年以上の期間にわたり、定期的に積立を行うことなどの要件があります。

財形貯蓄の対象となる金融商品は、勤務先が提携している金融機関の定期預金、金銭信託、投資信託、有価証券、生命保険、損害保険などさまざま。また、転職した場合、転職した先に財形貯蓄制度があれば、退職後2年以内に転職先で手続きすれば継続できます。便利でお得な制度を活用して自分の財産づくりに役立てましょう。

— posted by 郷田 at 05:31 pm  

 

40代の貯蓄ってどれくらいあるの?

貯蓄について考えてみましょう。自分の家計の貯蓄額は把握していますか。「貯蓄?いくらあったかなあ?」とアバウトに思っていないで、きちんと確認してみましょう。金融機関名、商品名、金利、満期日、預け入れ額を表にしてみるといいと思います。もちろん、誰の名義かということも大切ですね。

このところ、不景気で家計が厳しく、貯蓄を取り崩してしまっている方もいるかもしれません。「家計の金融行動に関する世論調査」(金融広報中央委員会)によると、現在の貯蓄残高が1年前と比べて「減った」と回答した世帯が4割強もあります。その理由は「定期的な収入が減っだので貯蓄を取り崩したから」という理由が6割弱で、経済の状況が家計に反映されているようです。

40代はどうかというと、1年前より貯蓄が減ったとの回答が40.2%。一方、20代では「増えた」が38.8%、30代では30.8%と、不景気でも貯蓄が増えたという回答が3~4割になっています。

さて、全国の金融資産の平均保有額はどれくらいなのでしょうか。前述の「家計の金融行動に関する世論調査」でみると、金融資産の保有額の平均値は、貯蓄のない世帯を含めた場合で、1124万円。より一般的な家庭像を反映するといわれる中央値は500万円。金融資産を保有している世帯だけでみると、平均値は1478万円、中央値は800万円となっています。保有金融資産の商品別では、やはり預貯金が6割弱と比率が高くなっています。

では、40代はどれくらい貯蓄があるのでしょうか?総務省の「家計調査年報(貯蓄・負債編)貯蓄・負債の概況」をみてみましょう。この調査でみる40代の世帯の平均像は、年収763万円、貯蓄残高は1153万円。一方、負債残高は907万円で、純貯蓄額は246万円になっています。住宅・土地のための負債が851万円となっていますので、40代の負債は住宅ローンが主のようです(「世帯主の年齢階級別貯蓄・負債現在高の推移」2人以上の世帯のうち勤労者世帯)。

何のために貯めるかが大切

貯蓄は貯めることを目的化するより、何のために貯めるのかを考えることが大切。40代なら、子どもの教育費や自分たちの老後資金などに向けた貯蓄が主になると思います。教育費にしても、老後資金にしても、使うときに急にお金を用立てるのは難しい。自分たちの今後のライフプランを考え、必要な資金をコツコツと貯蓄していくということですね。

そうした貯蓄の備えがあればこそ、夢が実現できますし、家計に危機が訪れることがあっても乗り越えていくことができると思うのです。

貯蓄はいくらあればいいかを考える。基本生活費の半年~1年分で備えを

貯蓄は一体いくらあればいいのでしょうか?それは、これからの人生プラン次第ですが、プランに関わらず、持っておきたいのが、いざという時の予備資金です。今の時代、いろいろなことが起こり得ます。急激な景気悪化で収入が激減したり、職を失ったり。グローバル化社会では、予期せぬことが起こって、その影響を受けてしまうことも避けられません。人生では、病気になったり、働きたくても働けない状況に陥ったり、そういう不遇の時もないとは言いきれません。

そんな時、貯蓄があるのと、ないのとでは違うと思います。そうした、いざという時の貯蓄の目安は、基本生活費の半年~1年分くらいでしょう。収入がなくても、半年から1年は、自分たちで暮らしていけるという安心感ですね。今の時代、そういうセーフティネットを自分たちでつくっておくことも大事だです。

基本生活費を知っておくこともリスク管理

自分たちの生活を支えるのにどれだけのお金があればいいか。そういう基本生活費を押さえておくことも、リスク管理の一つです。基本生活費がわからなければ、セーフティネット預金もきちんと機能しません。どれだけのお金があれば、自分たちの家計の場合、どれだけの期間、どんな風に暮らせるかというのを即座にイメージできますか?日頃、自分の家計をつかんでいなければ難しいですね。最初にお話したように、自分たちの家計の収支をつかんでおくというのが、基本中の基本です。

こんな風にすべてにつながってくるのです。もちろん、いざということがない場合だってあるでしょう。でも、そのための備えを持っておくことが余裕を生みます。例えばお財布がないことに気が付くと何とも心もとない感じになります。全くお金を使う予定がなかったとしても、お財布を持っていないことで、使えないことが気になってしまうものです。「ひょっとして、何年かぶりの友人に会って、お茶しようなんていわれたらどうしよう」とか、あリ得ない余計なことも考えてしまいます。

財布を持っていれば何とも思わないで過ごしているのに、財布を持っていないと「何かあったらどうしよう」と、どこかオドオドしてしまう。つまり、貯蓄がないということは、そういうことなのです。

備えが万全であればこそ

貯蓄を持つことで、余計な心配をせず、何かあっでも大丈夫と目の前のことに集中できる。また、貯蓄かおることで、いろいろなチャンスにも積極的になれる。ここぞという時に、勝負に出ることもできるでしょう。備えが万全であればこそ、人間は雑念に惑わされず、前向きになれるのです。貯蓄などと侮らず、家計の土台をしつかりさせておくことは、40代の責任ともいえます。そうした余裕は自ずと現れてきます。

— posted by 郷田 at 05:27 pm  

思っただけでは実現しない朝の早起き

恥ずかしながら、朝の習慣革命を実行できたのは、思いついてから5、6年たってからであった。結局、早朝利用が一番よいということが肌身にしみついてからだった。あなたも、体が頑強で仕事もバリバリできる社長やエリート社員しか早起きができないと思わないで欲しい。何よりも朝が苦手、10秒でも15秒でも寝床を離れたくないという、ぐうたら人間でも、そのコンプレックスを克服して、早朝の時間を目いっぱい活用することかできるようになったからである。

そのための方法は、次のような順序がよい。まず、理屈で納得すること。朝の効用を本書の事例で確認し、どうしても「朝飯前」の人生を手に入れる必要のあることを強く感じること。

さらに知識として、眠り、睡眠について正しく知ること。学者の書いた本はそれぞれの立場から学説を展開しているため、突きあわせてみると矛盾する点が多く、何冊も読む必要があった。

そこでここではすでに共通に認識されていることを中心にとりあげた。俗説は新たに見直し、はっきりしないものは省いてある。これらを頭に入れておくことは大切なことである。また実践を通じて得た、ビジネスマンのための眠りの考え方も掲げてある。

そして次は実際に行動することと、その行動を続けやすくするための環境を整えることである。これによって、ようやくライフスタイルは、早朝組み込み型となった。

思っただけでは早起きはできないし、続かない。だからここでは、5、6年間はどうしてもできなかった朝の習慣革命の反省を踏まえ、大切なポイントを絞り込んで具体的に述べた。

— posted by 郷田 at 05:01 pm